スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最短合焦距離って何?

最短合焦距離というのはピントが合うもっとも短い距離のことです。

一般的な双眼鏡だと短いもので1,2メートルです。

この値が小さくなればなるほど近い距離でピントが合いますので、観察したいものの細部まで鑑賞できるようになります。

美術館や博物館でじっくり作品のディテールを鑑賞するなら、この距離がより短いものがいいですね。

また、アウトドア等で普通に使用するにしても、最短合焦距離はあまり長くないものを選んでおいた方が無難かと思います。
低価格で人気が高い双眼鏡
コンサートにおすすめの双眼鏡
リンク
くりっく365業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。