スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ・コンサートにおすすめの双眼鏡

ライブやコンサートで使う双眼鏡を選ぶ際にポイントになるのは、ずばり「見掛け視界」です。

見掛け視界の値が大きいほど、双眼鏡を覗いたときに視界が広く感じられますのでステージをより見渡しやすくなります。

見掛け視界は(実視界)×(倍率)で算出できます。
例:倍率 : 10倍、実視界 : 6.0゜の双眼鏡であれば見掛け視界は 60゜になります。

ちなみに見掛け視界が65度以上の双眼鏡のことを広視界型双眼鏡といいます。ライブやコンサートにおすすめなのはこの広視角型の双眼鏡です。

また倍率については以前にもお話したように、8倍程度のものを選ぶとよいでしょう。


ですので、例えば
Nikon EX 8×25D CF

は広視界でかつ小型・軽量モデルですのでライブやコンサートにイチオシの製品です。さらに防水仕様でもありますので、恐らくこれよりライブ・コンサートに向いている双眼鏡はないだろうと思います。


一応もうひとつだけ紹介しておきますと

こちらのように安い製品もありますが、重さが上の製品の2.5倍以上あったり防水仕様ではなかったりしますのでやはりEX 8×25D CF方がおすすめです。
スポンサーサイト

バードウォッチングにおすすめの双眼鏡

一般的にバードウォッチングに適した双眼鏡の倍率は8倍程度のようです。

倍率は高ければ高いほどよいと思われがちですが、倍率が高くなる程手ぶれが生じやすくなり、さらに視界も狭くなりますので、高くても10倍程度に抑えておくのがよいかと思います。

それを踏まえた上で、PENTAX タンクローRは倍率が8倍、安価な上に評価も高くおすすめです。


またVixen アトレックHR8×32WPは完全防水で悪天候時でも濡れることを気にせず使えので、より使い勝手はいいかと思います。



他にもモナーク 7 8x42などがおすすめですが、こちらはかなり高価ですのでまずは上記のものから始めてみては如何でしょうか。
低価格で人気が高い双眼鏡
コンサートにおすすめの双眼鏡
リンク
くりっく365業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。